究極のナンパ師武勇伝

お見合いの釣書と写真の用意の仕方について

結婚相手を見つけるために、お見合いをしようと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、ここでは釣書や写真の用意の仕方のポイントについて考えてみます。

まず、釣書についてですが、釣書は自分をわかってもらうための大切な資料になりますので、気持ちをこめて丁寧に自筆で書くことをおすすめします。中には字があまりうまくないのでパソコンを使おうと考えている方もいるかもしれませんが、たとえ下手でも丁寧に自筆で書いた方が、好感が持てるものです。また、誤字や脱字が無いように、きちんと確認するのを忘れないようにして下さい。

次に写真ですが、今のお見合いは前のお見合い写真のように大げさなものではなく、自然な感じで撮られたスナップ写真のようなものが主流になっています。そういった写真を用意することによって、普段の自然な姿を知ってもらうことが出来ますので、写真と実際ではなんか違うといったことも少なくなります。

とは言っても、最初の第一印象は写真で決まりますし、印象が悪ければお見合いまでたどり着けないことがありますので、好印象を与えるような写真を2~3枚用意します。写真はペットと写っているようなものはOKですが、友人と写っているようなものは避けた方が良いでしょう。

以上、釣書と写真についてのポイントを挙げてみましたので、お見合いをする際の参考にして下さい。